So-net無料ブログ作成

前の3件 | -

HDD交換&容量UP(RAID1ユニット) [サーバ]

データを保持したまま大容量のHDDに交換する手順(RAID1ユニット)。


1.前提
 /dev/sdb、/dev/sdc 2台のHDDを使用して/dev/md0としてRAID1(ミラー)アレイが構築されている前提。
2.準備
 RAIDを構成しているHDDより大容量のHDD × 2
3.HDD交換
 ①.交換するHDD(/dev/sdb)をRAIDアレイから削除する。
  #mdadm /dev/md0 --fail /dev/sdb –remove /dev/sdb
 ②.HDDを交換し、起動する。
   すると、/dev/sdbのRAIDユニットがロスト状態になっているハズ。
 ③.「3.RAIDの異常検出からの復旧手順④~⑥」の手順に従ってRAIDアレイの再構築を行う。 
 ④.再構築が正常に完了した事を確認の後、/dev/sdcも同様の手順で交換、再構築を行う。
   これで交換自体は完了。しかし認識する容量は元のRAIDアレイのまま。
   GUIツールの「ディスク」でRAIDアレイを選択すれば容量が確認可能[ひらめき]
4.RAIDアレイサイズの拡張
 ①.アレイサイズを使用可能な最大サイズまで増加させて増加スペースは同期させない。
  #mdadm --grow /dev/md0 -z max --assume-clean
   mdadm: component size of /dev/md0 has been set to 4191232K
 ②.アレイサイズをチェックし拡張されていることを確認。
   GUIツールの「ディスク」でRAIDアレイを選択すれば容量が確認可能[ひらめき]
5.パーティション情報の修正

 ①.GPartedでパーティション情報を修正する。

   「アプリケーション」-「システムツール」-「GParted」を起動。

   hdd_change01.png

 ②.交換したHDDを選択すると、パーティションに警告サインが[ひらめき]

   hdd_change02.png

 ③.「パーティション」-「チェック」を選択する。

   ファイルシステムをチェックして修復する処理が予約される。

   hdd_change03.png

 ④.上記実行アイコンをクリックし保留中の処理を実行。

   hdd_change04.png

 ⑤.チェックが完了するとパーティション情報が修正され、容量が交換後のHDD最大サイズに拡張される。

   無事に交換&容量UP完了[ひらめき]


以上、データを保持したまま大容量のHDDに交換する手順(RAID1ユニット)でした。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

HDD交換&容量UP(非RAID) [サーバ]

データを保持したまま大容量のHDDに交換する手順(非RAIDユニット)。


1.交換元HDDの内容を ddコマンド で新しいHDDへコピーする。

2.元のHDDを取り外し、そのポートに新しいHDDを取り付ける。

 この状態で起動すると、交換自体は完了。しかし認識する容量は元のHDDのまま。

3.GPartedでパーティション情報を修正する。

 「アプリケーション」-「システムツール」-「GParted」を起動。

hdd_change01.png

4.交換したHDDを選択すると、パーティションに警告サインが[ひらめき]

hdd_change02.png

5.「パーティション」-「チェック」を選択する。

 ファイルシステムをチェックして修復する処理が予約される。

hdd_change03.png

6.上記実行アイコンをクリックし保留中の処理を実行。

hdd_change04.png

7.チェックが完了するとパーティション情報が修正され、容量が交換後のHDD最大サイズに拡張される。

 無事に交換&容量UP完了[ひらめき]


以上、データを保持したまま大容量のHDDに交換する手順(非RAIDユニット)でした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ラズパイ(Raspbian-2-) [Linux]

<Raspbianにリモートクライアントツール「Remmina」のセットアップ>


①.「メニュー」-「設定」-「Add/Remove Software」から以下のパッケージをインストール。

 ・common files for remmina remote desktop~

 ・GNOME plugin for remmina remote desktop~

 ・RDP plugin  for remmina remote desktop~

 ・VNC plugin  for remmina remote desktop~

 ・remote desktop client for GNOME desktop~

Screenshot_20180828_211841.jpg

 パッケージを選択して「OK」をクリックするだけ[るんるん]


②.インストールが完了したら「メニュー」-「インターネット」-「Remmina」を起動。

③.「新規」ボタンから接続先を登録。

Screenshot_20180825_161646.jpg

④.③で登録した接続先をダブルクリックして接続。

⑤.接続完了[グッド(上向き矢印)]

Screenshot_20180825_162929.jpg

 上はWindows標準のリモートデスクトップ接続でWindows7に接続した様子[ひらめき]

 この他にVNC接続もOK[ひらめき]



<Raspbianにリモートデスクトップサーバのセットアップ>


VNCじゃなくてRDPなのがチョットしたこだわり[るんるん]


①.端末を起動し

 $sudo apt install xrdp

 $sudo apt install tightvncserver ←なぜか必要なようです[ひらめき]


②.これで完了[いい気分(温泉)]


③.Windows PCからラズパイにリモートデスクトップ接続。

④.ユーザ名 = pi とパスワードを入力して「OK」をクリック。

Pic01_20180826.jpg

⑤.接続完了[グッド(上向き矢印)]

Pic02_20180826.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -
Google Play で手に入れよう